フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 変革のアナログ回路 | トップページ | シミュレータ4 »

2008年11月 6日 (木)

高信頼度システムの保守

高信頼度のシステムの保守は難しい。

信頼性が高ければ高いほど,保守/サービスマンの訓練の機会が減るからである。

それとともに,故障時の挙動が複雑になる傾向をアナログエンジニアは感じる。

高信頼度システムにおいて,保守要員の方はめったに出会わない珍しいトラブルに即応することを要求される。そんなこと,できるわけが無い。

適度に壊れるシステムは案外頑健なのである。サービスマンが訓練されているので即応体制が整っているのがふつう。従って大事には至らない。超高信頼システムでは,保守要員の訓練が難しい。実地訓練の機会が少なく,かつ,トラブル時のシステムの挙動が良く見えないからである。

壊れないシステム,高信頼システムを目指すと必然的に,そのシステムはブラックボックス化する傾向にある。

読者の皆さん,多分理系の方が多いと思うけど,ご自身が使っている計測器の原理,データ処理システムの原理や信号処理のフローを理解していますか。装置のどこかが壊れたとき対応できますか。アナログの世界は極力ブラックボックス化を回避する必要がある。

必要なら製造設備の,計測装置の内部にまで立ち入って探求するのが,アナログの世界ではないか。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 変革のアナログ回路 | トップページ | シミュレータ4 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

「超高信頼システムでは,保守要員の訓練が難しい。」

なるほど・・・
会社では、訓練として、わざと壊すとかなさっているのだと思っておりました★

いわれてみれば、壊せないから超高信頼システムなんですよね
orz

sachiさま おはようございます。

多くの装置や機器の保守では,サービスセンターの特殊な訓練を受けたベテランが対応すると考えています。また,大きなシステムでは運転員がシミュレータで訓練する例もあると聞いています。
自動化と高信頼化の陰で,設備ブラックボックス化しつつあると感じています。その中で複数のアラームをきちんと解釈して即応すのはなかなか難しいように思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 変革のアナログ回路 | トップページ | シミュレータ4 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング