フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« センサとアナログ回路 | トップページ | センター試験 »

2009年1月15日 (木)

加湿器

エアコン:エアーコンディショナーはエアコンといえるモノではない。

冬場には,湿度が極端に低下する。石油ストーブはCO2も出すが加湿効果もある。

今シーズンは石油ストーブを止めて,エアコンのみ。

喉がからからに渇く。喉の渇きで夜,目が覚めることもある。

そこで,加湿器を投入。湿らせたフィルターに風を当て蒸発させるタイプの物。

蒸発量は0.5L/hくらい。これを終日運転する。水の補給は1日3回。

その他に空気清浄機も終日運転。高電圧無声放電による臭いの元の分解機能もある。

それにしても,湿度表示は機器ごとでかなり違いがある。10%くらいの違いは極当たり前。

それでも自動運転させている。相対湿度という定義が簡単なセンシングに向いていないのだろう。なんとなく,昔ながらの乾球と湿球の温度差からテーブルで相対湿度に換算する測定法が頼りになりそう。

エアコンはふつう加湿してくれないので,加湿器は別途の必需品のようだ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をアナログエンジニアによろしくお願いします。【押す】

« センサとアナログ回路 | トップページ | センター試験 »

随想」カテゴリの記事

コメント

我が家も加湿器使っているが、これ大変です。
1台じゃ足りないし・・
どのメーカーも何故加湿器を付属しないのか?
ちょっとした差別化になると思うが・・
Dew Pointoは変わらないから、温度を上げれば当然相対湿度は下がるのは当たり前なのに・・
これで「体に優しい」と言えるのか?

makoさん,おはようございます。

今年は石油ストーブ+やかんからエアコンに移行しました。その結果,極端な低湿度。

旅客機の中も高空の低露点の空気を取り込んでいるだけみたいなので,国内線でも喉が渇きます。

この記事へのコメントは終了しました。

« センサとアナログ回路 | トップページ | センター試験 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング