フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 家電品のサービスマン | トップページ | 回路屋の育ち方1 »

2009年3月10日 (火)

家電量販店での温度計

ストックのなかった単4乾電池を買いに近所の家電量販店いった。

振り返ると電池コーナーの向かいの棚にさまざまなタイプの温度計が並んでいた。

同じ棚なので気温はほぼ同一の筈だが,指示はまちまち。最高と最小で5℃くらいの差があった。5℃も違えば家庭用といえども少々悲しいし,実用的ではない。

0.1℃分解能のデジタル表示のもの:感温素子はサーミスタかな。幾種類か並んでいた。

アナログ機械式のもの:これはバイメタル式で指針を機械的に動かすタイプ。

一番右側に大き目のアルコール温度計。液体の熱膨張を利用するタイプ。

パッケージの裏を見ると,温度の確からしさが記載されているものがいくつかあった。アナログ表示のものは最小目盛が総て1℃である。意味のない表示はない。

デジタル式のものの中には秤を作っているT社のものがあり,きちんと確からしさが表示されている。計量器メーカーの風土に由来するのだろう。

アナログエンジニアは一般計量士の資格を一応持っているので,つい,比較してしまった。もっと荒い値を表示しているメーカーや,確からしさの記載の無いメーカーもある。

家庭用温度計と言えども性能はまちまち。

温度センサ/温度計測の分野でいくつかの著作(今は絶版になっている)のある故FH氏の直伝で温度計測の基本を学んだ。そして無条件引用許諾を得ているのだが・・・。温度計則回路は何種類か作れる技術はあるが,本にするところまではとても行かない。

さて,多くの材料が温度依存性を持っているので,大抵のものは温度計となりえるのだ。たとえば,安定な振動周波数で知られる水晶振動子も面方位を選んでカットすると,振動周波数の温度係数が大きいものや温度係数の2次項が少ないものなどが得られる。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。人気Blogランキングへ【押す】

« 家電品のサービスマン | トップページ | 回路屋の育ち方1 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家電品のサービスマン | トップページ | 回路屋の育ち方1 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング