フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 1石3鳥以上 | トップページ | プロ仕様?のレンジフード »

2009年4月29日 (水)

蓄音機

_2562 ←大正時代の蓄音機。画面をクリックすると大きくなります。

家内の実家に埋もれたいたもの。義母の祖父が使ったものらしい。アナログエンジニアが譲り受けて,可動部の調整と潤滑をしたら時を越えて動き出した。

ラッパが付属していて,状態がよければかなりの骨董価値があるらしい。これは,ラッパがついていないので,価値は数分の1くらいとのこと。

右下のハンドルを回し力を蓄えておくと,片面分聞くことが出来る。

当然,全機械式である。針の動きを直接振動板に伝える構造だが,結構大きな音がでる。TVの10よりも大きな音量がでる。時を越えて甦った蓄音機。最新式のオーディオとは異なる風情がある。

当時の文部省推薦(ビクター・家庭音楽名盤集,12枚組)のアルバムもある。一番困ったのは針である。錆びた物が数本針入れに残っていたので,薬品で錆を落として手研磨してみた。竹針を使う手段もあるらしい。

音盤の洗浄と針の研磨の仕方を変えてもっとノイズの少ない音出しにいつか再挑戦してみたいものだ。

時を越えて甦った,甦らせた蓄音機。その形は今も美しい。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 1石3鳥以上 | トップページ | プロ仕様?のレンジフード »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1石3鳥以上 | トップページ | プロ仕様?のレンジフード »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング