フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 蓄音器その後 | トップページ | ICのネクタイピン »

2009年5月21日 (木)

纏め買いの本

_2690_2 ←昨日東京で購入した本。スモーーカーのアナログエンジニアは大型本屋さんに行く前に,地下街で一服。広い駅周辺には吸える場所は2箇所しかない。行った本屋さんはその近く。

地元では技術本を手に取って内容を確認して買うことが殆ど出来ないので,ノートPCを持たないで,かつ東京で移動しない日は,とても大切なのだ。写真の本は脈絡がないように見えるが2つの目的に関連する本である。

大型店では,まず,自著が書棚にあるか確認。5冊は棚にあったが増刷したばかりの本だけがない。窓口で本のステータスを確認していただくと,発注中,在庫なし。

次に,執筆/章主査を務めた某ハンドブック(高価で,かつ代表者にしか献本されない)を訳を話して関連部を読ませてもらう。私の名前が間違っている。絶対に間違ってはならない部分だ。出版社か監修者の怠慢だろう。その他,知人の執筆部分を通読。

その後,千代田区内某所(出口がひとつしかない駅,近くの交番の隣の公園の喫煙所で時間調整。この駅名はスモーカーなら特定できます・・。さあ,どの駅かな。)で某出版社と最終打ち合わせ。そして共著者と編集長との合同最終打ち合わせに参加。

序文の内容と著作権・版権の適切な処理で議論。取りまとめの某大学教授の序文にアナログエンジニアは敢えてかなりの朱を入れたものを持参,10数箇所の訂正を認めさせた。私には肩書きなど関係ない。

この修正案は共著者全員にMail配信予定とした。帰宅したらもうMailの添付ファイルとして届いていた。

---------

本の序文は,本の顔なので大切な場所である。ここの文章が甘いと,本の内容の出来が疑われる。私の場合は,最初に序文の草稿を書き,最終段階で出来上がった本文の原稿の内容に合わせて書き直すのが常である。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 蓄音器その後 | トップページ | ICのネクタイピン »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング