フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 赤外線オーディオLAN | トップページ | 猫知恵との戦い2 »

2009年6月10日 (水)

回路屋の育ち方8

Photo ←庭に1株だけあるガク紫陽花(ただし,去年の撮影),遅咲きの品種かもしれない。現在の実物は花芽がようやく揃い始めた段階。

アナログエンジニアにはトップになれるカリスマ性が足らない。従って,良くて参謀的存在となりがちである。

不遇の時には,トイレで幾度泣いたことか・・・・。自殺を必死に考えた年もある。綺麗な死にかたなど無かった。家族がとりわけ「我家のさち」が傷ついた私を支えてくれた。

その時代は,どんな仕事でも引き受けた。多くは,失敗開発の再開発や弱点を持つ設計の再設計などである。このような場合,成功しても表に出ることはまず無い。ひどい場合には,他人の名前が,その開発者のキーマンとしてクローズアップされた。ゴーストライター的存在に近い。

その状況の中で常に実行してたのは,特許と学会発表では重要なものは,トップネームあるいは単独名で業績を既成事実化することと,技術的な電子透かしのような部分を社内文章に組み込んでいたことである。手を汚していない人間が知りえない事実のキーワードを残し,かつ,その技術を知らないと実際には製品かできない部分を秘匿した。特許では,自分にしか破ることが出来ない穴を埋め込んだこともある。転職のことを考えてのことである。

不遇の時代であるから,ハングリーであり獲得した仕事を仕上なければ,次の仕事にありつけない。逆に,さまざまな仕事で高い成功率を維持する本能的やり方を身につけた。

これが,その後の自分を形成した。真実がわかる,判らないとやれない職種:研究所のキーマンや品質保証部門の方から評価を戴いた。

アナログエンジニアが表舞台に立ったのは,平成3年の技術士(電気・電子)登録の後からである。当時の科学技術庁長官は山東昭子氏である。この年以降,次第に表舞台にも出る機会が増えた。

技術士(電気・電子),労働安全コンサルタント(電気安全),論文博士(東京大学),大学向けのアナログ回路教本と毎年,ステータスを上げた時代もある。

アナログエンジニアは自分を知る人間のために全力を尽くす。それが私の美学のひとつである。裏切りは許さない。ただし,報復する力と立場を得たときにしか実行できないが・・・。精密アナログ回路は単に私の表の顔に過ぎない。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 赤外線オーディオLAN | トップページ | 猫知恵との戦い2 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

アナエン先生にそんなご苦労があったとは。だから、あのようなかゆい所に手が届く教科書が書けるのですね。マイナス経験を愚痴ではなくプラスに昇華するのがプロフェッショナルですね。勉強になります。

アマサイさま こんばんは

お褒めに戴き恐縮です。
従来の大学教科書で私は教える自信がありませんでした。それで,自分が判るように本を書きました。

初めてコメントします。
先生のことは、アナログ電子回路設計の本が出る前から存じていました。前職がY社で差圧○○○を開発していました。先生の居たH社のIさん(そのままですね)の博士論文(W大応物?)などもずいぶん読み込みました。先生の特許も読んでいます。EとかEIとかセンサとか名前がついていたのを覚えています。バルーン効果とかゆうのも。たしかSICEの論文も読みました。
競合他社から見ていると技術のHを代表するような人でうらやましかったですが、このような苦労があったとは驚きました。
私は、今独立して、FA製品の輸入販売や自動機の設計製造をしています。アナログ回路やセンサには全く関係ありません。独自製品を作ろうとしていますが、日々の雑務におわれ、先立つ物がなく、ズルズルしています。独自製品としては、MEMSセンサを考えています。
では。

コメントありがとうございます。
私の若いころのライバル社のY社さんの方ですね。お名前が判れば、特許で知っている方か面識あるかと思います。容量式が得意なのに、H社のひずみゲージ方式の妨害特許を出せるY社さんの余裕をいつも羨ましく思っていました。ハープセンサの博士論文も読ませていただきました。
 いつも、思うことですが、競合他社のエンジニアさんとは、いつの間にかライバルの領域を超えて、仲間意識が出てくるような気がします。EIセンサは私の発明で、初めての3D-MEMS構造で、ハープセンサと同様に学術価値も高いものでしたが、特許以外の情報は永らく秘匿しておりました。
Siダイアフラムの非直線性は、バルーン効果により実用領域が制限されますが、構造の高次元かにより、約1桁ずつ実用領域を本質的に広げてきました。
細かい連絡のやり取りは、ブログ記載のアドレスへ。いつかリアルでお会いしたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤外線オーディオLAN | トップページ | 猫知恵との戦い2 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング