フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« リンギングチョークコンバータ | トップページ | 永久磁石界磁DCモータ »

2009年6月30日 (火)

手製ミニ恒温槽

005 ←近所の家の庭に咲いた珍しい赤いユリの花。ご近所さんのところにも、珍しい花がたくさんある。{我が家のさち」達は、これはと思った花をお互いに交換し合っているようだ。もちろん、所有者の許可を得ています。

写真をダブルクリックすると拡大像が出ます。

手製で恒温槽を作ることができる。用途は半導体の温度試験用。模型店で買える材料と電子部品で製作できる。

ヒーター:パワーMOS FET、保護回路装備。到達温度 常温~100℃。

温度センサ:ダイオード 断熱材&構造材:軽量バルサ  

有効容量:30mmW、30mmH、80mmD 強制循環式、PI制御、 降温用ダンパ装備、上昇速度 80℃/5分。半導体の温度測定用。

難しかったのは、ファンの羽の製作。(出力1W程度の小型DCモーター使用)

各部の回路はすべてオリジナル設計。

ミニミニ恒温槽だけど、やっていることは本格的である。卒研としての特徴は、伝熱係数測定・熱容量なども実測しシステム同定を行った。そして、MatLabによるシミュレーションにも成功。

学生もアナログエンジニアも結構楽しんでミニミニ恒温槽を製作や、測定、シミュレーションを楽しんだ。10年ほど前のことである。実使用も行った。

アナログ電子回路としても、面白い回路となった。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« リンギングチョークコンバータ | トップページ | 永久磁石界磁DCモータ »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リンギングチョークコンバータ | トップページ | 永久磁石界磁DCモータ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング