フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« アゲハの幼虫 | トップページ | 製鉄所見学 »

2009年7月28日 (火)

回路屋の育ち方10

004 ←庭の西側に咲いている透かしユリ似た西洋栽培種。

アナログエンジニアは、開発・設計を行う時、企業と個人の関係を強く意識する。

若い頃の私は、主に競合企業ではなく、競合企業に属する個人を強く意識した。

当時の自分はセンサエレクトロニクス担当、そして競合相手先のライバル(特許でお互いに知っている)との知恵比べの側面が強かったためである。MEMS技術はセンサだけで決まるものではない。センサ回路屋の腕比べ、知恵比べでもある。工業用圧力センサ用MEMSは早い時期(1980前後)に実用化された。

広くはない業界だけに、特許情報を介して、相手が見える。センシング方式は主なものが3つ。ピエゾ抵抗式シリコンダイアグラム方式、容量式シリコンダイアフラム方式そして張力検出共鳴線式シリコンダイアフラム方式。

この業界では当時クロスライセンスはほとんど行われなかったので、お互い相手の特許を回避しながらの開発である。当時もMEMS開発は、グループの総力戦であ。そしてキーマンはそう多くはない。特許情報からお互いの発想を知る個人と個人の知恵比べとなる。

その足跡は、その分野の特許の履歴に残っている。

回路に関しては、もっと普遍性が高く、米国企業も含まれていた。

企業対企業の知られざるプロジェクトX同士の戦いでもあった。そして、後年、複数の相手企業のその名を知る本人とも出会っている。お互いどこまで知っているかは分かっているので、結構、技術的に深い会話も出た。Y社のOさん、T社のSさん・、Y社のIさん・・・・。

若い時代に、このようなしのぎを削る開発に参画でき、そして分野を同じくする他社の方の考え方に触れることが出来たのは貴重な体験であった。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« アゲハの幼虫 | トップページ | 製鉄所見学 »

「工学」カテゴリの記事

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アゲハの幼虫 | トップページ | 製鉄所見学 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング