フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 回路屋の育ち方9 | トップページ | 無安定マルチの起動 »

2009年7月 7日 (火)

対猫勝利宣言

001 ←菊の花によく似ているが葉の形が違う。我が家の藪の中に咲いていた。我が家の「さち」は、あちこちに少しずつ違った花を植えている。

対猫勝利宣言!

死守しなければならない実験室兼書斎。その引き戸を開けられたが、うまい案が見つかった。

一時は電気柵や超音波式の猫撃退器を使うことも視野に入れた。電子科学戦に持ち込もうという作戦である。電気柵は人間も不便になる。超音波は猫の学習能力らして抜本的な解決にならない。

実験室兼書斎には猫にとって、楽しい場所で隠れるところや程よい噛み心地のケーブル類がたくさん置いてある。

そこでアナログエンジニアは考えた。我が家の猫(茶トラ)の最大ジャンプ力は120cm、柱を抱え込めばもっと高くまで登れる。

実験室兼書斎は、抱え込む柱は表面に出ていない。猫は前足の骨格上、ノブを回したり、片方の前足で物を掴むことができない。指も短い。

実戦では、小型Lフックを2個使い、猫の前足の太さより狭い2個のLフックの間に金属リングを掛けた。これで、不在時に入り込まれて被害を受けることはない。

戦費はフック代と金属リングで100¥程度であるが、累計被害は、光ケーブルの切断1回、PCマウス3個、USB接続ケーブル、携帯充電器2個、AC100Vケーブル数本、破られた障子数か所、甚大である。

最近では、暇な時に猫と遊ぼうと言って模擬戦をやっている。人間様も両手、片足を使って、フェイントとストレート、足蹴りを混ぜて応戦。猫はこの戦法に対応できていない。困った猫は声を上げながら後退。しかし、猫の方も本気で傷をつけるようなまねはしない。もうおしまいの一言で模擬戦は終わる。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 回路屋の育ち方9 | トップページ | 無安定マルチの起動 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 回路屋の育ち方9 | トップページ | 無安定マルチの起動 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング