フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 特許電子図書館 | トップページ | 小さな基板 »

2009年7月24日 (金)

一枚目の油絵が完成

7f007 アナログエンジニアが29年ぶりに再開した一枚目の油絵が完成した。サインはまだ入れていない。(自然光で撮影、写真入れ替え)

デッサンから足かけ10日かかった。F4号で、実物より少し大きいので、詳細な部分はしみじみ観察して描かないと立体感がでなかった。

夏場なので、絵具の乾燥は比較的早いが、イーゼルが写生用のものなので、腕の固定ができない。

やむなくキャンバスに手首を置いて、ブロックごとに細部を描いた。

題材は、スプーン、笠間焼のマグカップ、砂糖つぼ、そしてスケボラの花一輪。この絵はスプーンが命。スプーンは磨きステンレスだから鏡のように、湾曲面に周囲のものが映る。それを描こうとした。この絵を描いている分だけ生活がタイトになった。少し疲れた。

気になる出来栄えは? 読者の皆さんからのコメントをお待ちします。

追記:昨日の芋虫は読者のコメントでキアゲハの幼虫と判りました。多謝。撮影日は7/17日で、ネットで調べたら、さなぎになる手前の幼虫によく似ています。昨日の夕刻探しましたが見つかりません。キアゲハをしみじみ見たことがないので、天候が回復したら葉の裏まで捜そうと思っています。さなぎの期間は10日位で、羽化には半日かかるらしいのでひょっとしたらキアゲハを間近で見れるかも知れません。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 特許電子図書館 | トップページ | 小さな基板 »

日記」カテゴリの記事

コメント

遂に第1号、完成しましたね。
デッサン時も素晴らしいと思いましたが、色付けで更に素晴らしくなりましたね。
私には絵はよく解りませんけど、家内も流石にと感心してました。
欲をいえば、笠間焼のカップの色付けはもっとこってり感が欲しいような・・
そしてスプーンの鈍い金属感が欲しいような気がします。
ずぶの素人の意見です。

MAKOさま コメントありがとうございます。

マグカップは笠間の作者ですが、外側には釉が付いていません。非常に薄く作られたものです。
29年ぶりなので、最初はどうなる事やらでの描き始め。夏ですので花の色は苗を見本に、形は写真を見て描きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特許電子図書館 | トップページ | 小さな基板 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング