フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 永久磁石界磁DCモータ | トップページ | 整理の格言7 »

2009年7月 2日 (木)

猫は考えた

_2853← 園芸品種のバラの台木から育った野生のバラ。花の中央にミツバチがやってきている。写真をクリックすると拡大像がでて、確認できます。

猫は考えた。上を向いて数10秒考えた。机の隅からカーテンレールへの斜めジャンプを決行するかどうするか迷っているのだ。

踏切場所は、デスクのキーボードとモニタの隙間。我が家の茶トラは、キーボードの上に足をかけることはしない。着地点は120cm上のカーテンレール直径2cm1本。 茶トラ君、最近爪を切った。体重も増えている模様。上を向いて真剣な表情。大きく変化したジャンプ条件を猫なりに総合判断しているのだ。

そして、いきなりジャンプ敢行。成功。しかし、その後、普段ミスしないカーテンレールを移動中に後足を滑らせて、レールにしがみつく。緊張の決断の後の気の緩みか?

アナログエンジニアも考えた。3度目の左官作業によるセメント剥離部の補修。まず、破損部分周辺を工具で、弱い部分を除去。セメントの必要量は約1kg。速乾性セメントが使える。前作業として、接着部を水で湿らせる。

時間をおいて、セメントに水を加える。固まり始めまでの時間(ポットライフ)は約20分。接合部へセメントを手で強く押しつけ引き延ばす。次いで、必要量を充填、へらで表面をならす。少し、水の量が多かったのか、立ち上がり部分の下側が膨らんでくる。

粘度が増すのを待って、成形。へらならし。工具の仮水洗。最終表面ならし。周辺のセメントをふき取る。

破損部の界面には異物、塗り厚さが若干薄い。新築の時の左官工事の不手際だ。

30年で部分的に破損するなら、それなりの理由があるのだ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 永久磁石界磁DCモータ | トップページ | 整理の格言7 »

日記」カテゴリの記事

コメント

大分念入りなリフォームをしてますね。
当時の建築だと、30年目が丁度良い時期のように思います。
我が家は7年前が33年、地盤と建付けが悪かったので、リフォームでは無理でした。
基礎からのやり直しが必要でした。

我が家も地盤改良を建築3年前に行いました。かなり沈下しました。
土留めを建築後施工したので、書斎部分のみ北に1deg傾いています。塚石の施工が悪かった一部の部分で床の根太が傷んでいる模様です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 永久磁石界磁DCモータ | トップページ | 整理の格言7 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング