フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« リニア新幹線雑感 | トップページ | 寄生発振 »

2009年8月10日 (月)

大学全入時代2

002 ←景品のスケルトン電卓を展開した写真。

照明用麦球がいくつか付いている

モノつくりでしか生きていけない日本で,モノを作る若い世代が減少している。

時代の流れか・・・。

資源高,食料高,少子高齢化は長期的に見れば,日本の必定。それに低炭素化世界の到来。

世界の富の再配分の時代。何をすべきかはわかっているつもりだが,なにが出来るかは私にはよく見えていない。

それに対応する有効な長期的施策は政府・官僚からは見えてこない。出てくるのは不祥事,言い訳ばかり。大学の研究者的訓練だけが,総てではない。学会発表・論文の多くは,技術の光は述べるが,影の部分に切り込む著述は足りていない。研究者を育てる訓練と,設計者を育てる訓練とはかなり異なる部分がある。それ故,大,中企業ではかなりの教育を何年もやっている筈だ。

・・・・

大学全入,アナログエンジニアは貴重な税金を投入して総ての大学を今の形態で救済・維持する必要はないと考えている。高校数学の初歩もできない理系人間にも国費を投じて,無駄に近い訓練を施し続けるのか。むしろ,モノつくりを体得させる形態があってもよいと思う。

高校で最小限必要なスピードで学ぶことができなかった人は,むしろ,匠の世界で修練する方が幸せかもしれない。

匠の世界は根気と根性と感性で勝負できる世界である。そこにも美しい世界がある。

今,子供を一人,下宿させて私立大学の理工系で学ばせると,親が大卒新人を直接一人雇っているくらいのお金がかかる。2人なら,大企業の部長クラスでも負担するに容易ではない膨大な金額である。

高齢化の問題は,医療・介護に多くの医療・福祉関係のコストを要するが,政界からはその財源構想が見えてこない。官僚システムの効率化は当然だろうが,その後に増税が来るのが筋で、社会インフラの劣化とともに維持補修も数年後には重い負担となるだろう。

人口1億の食料も含めて無資源国である日本が,その数倍・10倍の人口を持つ国の住民のハングリー精神と選抜された資質の集団に伍していけるか。日本の戦略を知恵を出し合って考えることが大切だと思う。

幸いなことに,再びハングリー精神とあくなき探究心を持ち,一生懸命学び鍛えている若年層が増えている。そこに希望の光が見える。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« リニア新幹線雑感 | トップページ | 寄生発振 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング