フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« デジカメの分解2 | トップページ | デジカメの分解4 »

2009年8月26日 (水)

デジカメの分解3

Dezikameact005 ←コンパクトデジカメのアクチュエータ部品群。

デジカメの分解3(アクチュエータ編)

一番の大きなな場所をとっているのは、DCサーボモータ。ウォーム減速機のあと、平歯車数段で減速している。歯車、軸ともにプラスチック製であるが実にスムーズに動く。減速機部分にはフォトインタラプタが2個装着されているので回転方向の弁別を行っている。

左側上段には超小型の2相パルスモータのような構造のモーターが見える。

パルスモータ?の下と右側に回転ソレノイドらしきものが見える。目ざまし時計の1相パルスモータに似た形であるが、もっと小さい。各ユニットはFPCを介しそれぞれの場所にはめ込まれている。精密な樹脂モールドによる成形で見事に組み立てられている。シャッター関係のアクチュエータらしい。

他のユニットとともに、はんだ付けによる最終組み立てはしておらず、コネクタ接続が基本になっている。この構造ならユニット交換による修理は可能だろう。なお、各ユニットには点検マークなどが記入されているので、ユニット単位でチェックし最終組み立て工程に入るのだろう。

アナログエンジニアは自分の持つ精密時計ドライバーで殆ど無傷のまま、光学系以外は取り外すことが出来た。

見事な設計である。ここでもきちんと性能が出るべきして出るような構造になっている。

感心することしきり。しかし、こんな内部構造を一般の若者に見せても興味をひかないだろうな・・・・。今や使う側に立って、種々評論する人はいるが、高性能でかつ安価に入手できる時代に、理系の興味を引く展示、デモ、実験はとても難しい。まして、手作りで物を作り感動を取るには、周囲にあふれているハイテク製品の中では、その原理をきちんと理解できるレベルでないと難しいと感じる。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« デジカメの分解2 | トップページ | デジカメの分解4 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デジカメの分解2 | トップページ | デジカメの分解4 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング