フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 電気は目に見えない | トップページ | シュミットトリガ »

2009年8月31日 (月)

アナエンの総選挙考

まずは、同年の鳩山民主党の勝利を祝う。

そして、投票率のUPに未来の期待が膨らむ。

政治システム再構築の序幕であってくれることを切に願う。

工学とて政治と無縁ではない。工学者である前に生活者であるからだ。そして、関心の強い技術の伝承・発展・教育政策の長期的展望の欠如と資源も領土も少ない日本の将来像が見えて来なかったからである。

これまでは、未来に付けを回しながらのバラマキ行政が主体であった。その結果は、膨大な政府・自治体の借金である。

いまはデフレ気味であるが、長期的に見れば将来の増税あるいはインフレは避けられないとアナログエンジニアは考えている。借りたお金は返すか、インフレーションで結果的に借金の棒引きをしなければならないほど、財政は切羽詰まった状態にある。

それでも、まずやるべきことは、官僚の無駄遣いの徹底的削除と優先順位の組み換えを行わなければ日本は変わらない。増税の前にやるべきことをやるのが筋である。

姿の見えにくい様々な外郭団体への資金の流れも透明化する必要があるだろう。民主党の大勝利は序幕にすぎない。民主党にはマニフェストを実行するだけの環境が成立した。ぜひ、過去の慣習にとらわれることなく、弱者への配慮をしながらこれからの4年間で日本を変革させていただきたいと願う。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 電気は目に見えない | トップページ | シュミットトリガ »

日記」カテゴリの記事

コメント

問題は何故、30代〜のバブルを謳歌し楽しみ、今の政府や借金を作った。有権者が責任を負わず、老後に入り年金で生活し、関係の無い10代20代の若者が不況で就活に困り、安い賃金で働いた上で、さらに責任を負うべき中高年の方々を 私達若者の税金で支えて行かなければ成らないという不合理に行き着くという事なんですよ。

政治家が問題を起こした際には、責任を問のに、貴方方は取らない? おかしく有りませんか? 若者が一律15%の税金を払うなら、あなたがた世代は1・5倍など多く払うべきではないのでしょうか?一国民の取るべき責任の線引きは難しいと思いますが、必要であると思います。

そういった事から今回の民主党のマニフェストは、高齢社会において責任を負うべき有権者の多くが今後、近いうちに年金生活になるという事から、かなり高齢者には気に入られる、マニフェストであったのではないかと考えます。

今回のblogの内容からそれ
かなり偏った考え方、また文句のような内容になってしまいましたが、今の若者の考えです。

今回の民主党のマニフェスト正直20代の若者のを救済または補助するような内容は一切含まれていなかったと思います。
20代で子供居る人は少ないですからね
長文失礼しました。

若者さん コメントありがとうございます。

おっしゃる通りだと思います。確かに各党のマニフェストには20代の方への約束がないと思います。

人数が多く、投票率の高い団塊世代以前の高齢者優遇になるのは、票田の力学から生じていると思います。高度成長期から現在までわれわれの現役世代で天文学的数値の国債、県債、市債を積み上げてきました。

年金にしても、私の世代がブレークイーブンになる差後の世代だと思っています。

今後、20代の若者がふつーに生活できる社会システムを作っていかなければ、日本は立ち行かないとも思っています。このコメントが偏った考え方とは思いません。数の論理が民主主義なので、少数派であればあるほど、必死で投票所へ行く必要性を感じるとともに、若者党みたいな受け皿も必要でしょう。
今後のご活躍を祈念します。

先程は少し個人の感情の入ったコメントをしてしまい申し訳ありません。

私も選挙にいって来たのですが、やはり若者は少ないですね。もう少し若者の投票率が上がるとよいのですが。

当方も回路屋の卵のため、こちらのblogは毎日のぞかせていただいています。今後も良い内容の掲載に期待しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電気は目に見えない | トップページ | シュミットトリガ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング