フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« エネルギー問題一考察 | トップページ | 抵抗負荷インバータ »

2009年8月14日 (金)

友来る

014 ←秋の気配のする花。

数日前、ふと思い出して現役世代の回路屋さんに電話した。

電話の中で、製造業の設計者の2極化の話がでた。Aさんは、B株式会社のアナログ回路もデジタル回路もこなす設計者で、自宅に基板試作の部品、道具、測定器も保有する方である。

明るい声ではあったが、話の内容は結構深刻。それで、日程調整してリアルで会うことにした。久しぶりで会いたかった。

一昨日、その友が、「我が家のさち」のいない自宅に来訪、2人で種々の話しを交わした。

-------------------------------------------

最近、種々のメディアを読んで感じることがある。物つくりの源流である設計段階で、設計者の2極化が始まっているようだ。

実働の設計者と製品の目標仕様のみを提示する設計者との分化が進行していると感じる。仕様のみを提示する設計者?は本当に設計者なのか。

そのようなことが生じている会社の多くは派閥力学の中で、出世コースに乗るか、外れるかがが決まるケースが多い。典型的な大企業病である。

一方、設計も含めて徹底した現場主義、実績主義を貫いている会社も大小を問わず存在する。このような会社では、各人がリスクを背負って課題の早期発見が可能であり、その課題の解決が新しい製品開発に繋がる。

アナログエンジニアは声をかけるだけの人間は基本的に信用しない。部下に自分の設計のやり方を伝え、本人は自分にとって未知の課題に取り組む技術者がいなければ、船頭ばかりの組織になってしまう。私は、自分で自分を訓練しようとするエンジニアにエールを送りたいと願う。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« エネルギー問題一考察 | トップページ | 抵抗負荷インバータ »

「工学」カテゴリの記事

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エネルギー問題一考察 | トップページ | 抵抗負荷インバータ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング