フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« パワーMOS-FET | トップページ | 魚眼レンズ »

2009年10月 1日 (木)

JCO臨界事故から10年

008 ←庭の片隅に咲いた紫の花。写真をクリックすると拡大像になり、産毛がたくさん生えているのが判ります。

JCO臨界事故から、昨日で、はや10年経過した。当日は小雨降る天候。

この事故で、2名が悲惨な死を遂げ、報道によれば1名が今も後遺症で苦しんでいると聞く。

JCO事故の第1報をニュースで聞いた時、商用原子炉で使う核燃料のとしては、異常に少ない量で連鎖反応が開始していたことを記憶している。とっさにこれは普通の商用原子炉向けの核物質ではないと判断した。後に、この燃料が商用原子炉向けではなく、核分裂性ウランの濃度が10倍高い高速増殖炉の実験設備向けのものであったことを知る。

核燃料の取り扱いに際しては、臨界量以下の単位のバッチプロセスで取り扱うこと、細長い形状の容器で連鎖反応の防止を行うのが常識である。

被爆した作業員は普段より1回で扱える量が1/10であること知らされていなかったかもしれない。おまけに裏マニュアルで攪拌はおたまにバケツ。

こんな杜撰な工程と作業を行った組織の長、関係者は実刑に服すべきであろうと今も考えている。会社・官庁を含む組織に対する罪の軽さを感じる。組織は各階層の人間が責任とそれぞれの地位にふさわしい安全意識を持っていただきたいものだ。

アナログエンジニアは原子力を現在では代替案のないエネルギー源の一つであり、必要悪であると考えている。しかし、その前提にあるのは、多重防御された安全システムを順守することが前提である。某発電所では、安全装置の一部が不調のまま運転された。危険性評価レベルは低かったが、やはり関係者の厳しい処罰を望む。さまなければ、上司の要求に逆らい切れず承知のまま、不安全運転をすること、事故隠しも無くならないだろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« パワーMOS-FET | トップページ | 魚眼レンズ »

私の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーMOS-FET | トップページ | 魚眼レンズ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング