フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« ソレノイドの外部磁場 | トップページ | ゼロ信号は0V? »

2009年12月 8日 (火)

設計技法とアナログ

巷には○○技法とかXXメソッドあるいは□□法などの設計技法がたくさんあるが、その多くは、こと、アナログ回路の最適化には不向きであると、アナログエンジニアは考えている。

XXメソッドは、線形計画法の1種で直交表(ラテン方格)を用いる。したがって、アナログ現象につきもののABCなどの交絡項は意識して配置しなければ評価の対象にならない。

振り返ってみると、アナログ回路の設計においては、まず回路構成を仮決めし、その関数形を解析し定数を定め、性能予測を行う。そのあと、課題の克服に向けて、戦略的に回路構成の改変を行う。もちろん、設計の場は制約付きの非線形問題である。

多くの設計技法はその限界を明らかにしない。適用効果はあり得ない実験回数と比較する。

アナログ回路は多変数問題である。しかし、多変数問題だからと言って統計的実験手法が効果的だと考える上層部がいたら、担当者には大変迷惑な話で、作業効率が落ちる。自衛上、少なくとも余分な実験を行い、XXメソッドでやったかのごとく報告書を作成することになる。

他の技法も似たり寄ったりの傾向をもつ。同じ技法で同じ課題に取り組んだらどうなるかを考えてみれば一目瞭然である。そこには、進歩、創造性など存在しないと思う。

それでも、巷には種々の設計技法がはびこり、末端のエンジニアの負担となっている。エセ技法に対する対処法を身につけておくのも工学者の素養の一つであるかもしれない。

解析できるところは解析し、腕力で検証するところは労力をいとわない。これが工学的アプローチの一側面であろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« ソレノイドの外部磁場 | トップページ | ゼロ信号は0V? »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソレノイドの外部磁場 | トップページ | ゼロ信号は0V? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング