フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« とあるセンサ構造 | トップページ | ソレノイドの外部磁場 »

2009年12月 3日 (木)

電子機器のブラックボックス化

理科離れと電子機器のブラックボックス化の進行とは無縁でないとアナログエンジニアは考えている。

その中で、アナログ電子回路設計は、相対的にブラックボックス化のレベルが低いと考えている。その機能と原理が比較的単純な入出力関係で表せるためである。その分、中身が良く見えるが、今や同じ社内でも、アナログ回路をブラックボックスとして考える設計グループとそうでないグループ(人)に分極化しているようだ。

デジタル回路は、入出力キー(SW)を節約するために、何段階かのシーケンス的な操作を経由して初めて目的の機能を設定できるようになっているものが多い。

原理から考えて物を作れる人が少数派になってしまった。

しかし、物つくりは、原理から考えないと、その利点や限界も判らない。

ブラックボックス化のレベルが大きくなるにつれ、修理部品の単位が大きくなり故障部位の切り分けもおおざっぱになってきているように思える。

大学に入る以前の理科的原体験を心にとめている方もそう多くはない。刃物を用いた工作をすることも少なくなった。空気の流れ、材料の壊れ方、電気の流れ等々体験する機会が少ない。

いつの間にか、多くの物をブラックボックスとして扱うことに慣れてしまった。こういう操作をこの手順でやればこのような動作をするよ。の類のノウハウがまかり通っている。

高級な機材ほどブラックボックス化のレベルは高い。簡単な実験装置を用いての理科教育が必要なのではなかろうか。金はかからないが、教える方の力量が問われる。かくして理科教師の不足と相成る。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« とあるセンサ構造 | トップページ | ソレノイドの外部磁場 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

こんにちは5513さん
実際に製造現場では電子機器をブラックボックスとして扱っています。メンテナンス部門でさえアナログ回路を知ろうと言う人はいません。
トラシュー見て・・・交換てな感じです。
だからいつまでたっても故障原因を特定出来ない為、改善しないです。
アナログ回路は開発側にだけまかせればいいと考えがちです。

おはようございます入門者にゅーきちさん
アナログ回路は自然界の情報をセンサを経由して取得する。デジタル指令信号をアクチュエータを実際に駆動して操作する。そこで、システムの基本性能が決まる。
開発部門でも、センサと回路を知る人はかなり少なくなっています。本来はシステムの要の筈ですが・・・

はじめまして
 デジタル革命が起こり工学分野の再編が行われて以降の、とりわけフィジカルな工学関係はどうも興味が持てないと常々思っておりましたが、今回貴方のブログを読ませていただき、合点がいった次第です。
 私の上手く言葉にならなかった気持ちを文章化していただいたようなものです。ありがとうございました。
 今後も貴方のブログの愛読者にならせていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« とあるセンサ構造 | トップページ | ソレノイドの外部磁場 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング