フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 素性のわからない回路 | トップページ | ミラー容量 »

2009年12月11日 (金)

財政規律

来年度、実質的な国債残高は800兆円を超える。来年度予算では国債の発行高は40数兆円。50兆を超えるかもしれない。一方、歳入は40兆円を切る。

それでも、景気対策や科学技術振興と称して、膨大な金が投入されている。

財政収支を考えれば、今の予算案を1/2にするくらいの大ナタを振るわなければ、単年度でバランスは取れない。

一気に1/2にすれば経済は大混乱になるだろうから、時間を掛けて徐々に縮小していかなければならないだろう。負担するのは現役世代である。将来の子供たちである。

事業仕訳がそのきっかけになれば良いと思うのだが・・・。削減されることになった費目の関連団体からの巻き返しは激しいが、財政状況を踏まえた議論は非常に少ない。

大きい政府を目指しのか、効率的な小さい政府を目指すのかその所もはっきりしない。なんでも国に頼るそんな姿勢が染み付いているような気がする。各分野とも自助努力が足りない。無駄も多すぎる。

少子高齢化の進む中、福祉関連の予算は当面膨らみ続ける。この中で何をすれば長期的に成り立つシナリオを描けるのだろうか。

国債残高を考えた施策、それは日本の産業、大学の姿も変えるだろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 素性のわからない回路 | トップページ | ミラー容量 »

私の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素性のわからない回路 | トップページ | ミラー容量 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング