フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« SFシネマ+3D | トップページ | センサに必要な性質 »

2010年1月 6日 (水)

アナログはローテク?

アナログは決してローテクではない。ブラックボックス化のレベルが低く、かつ、自然界の物理現象と深い関わりを持っている。それだけに、エンジニアの技量に依存する部分が多い。

分業化されてはいるが、デジタル回路あるいはCPUコアもブラックボックス化のレベルをゲートレベルまで下げれば、アナログの世界そのものである。

量子力学的現象ですら、観測する場合にはアナログ量として観測する。

多くの製品に使われ、外界の状態を電気信号に変換するセンサはアナログ技術の英知の結集である。

アナログ回路は、その時代、時代に入手できる部品で目的に最適化され、経済的にも合理的な設計のみが生き残る厳しい世界である。

物理現象や部品製造プロセスの制約の中で、知恵を結集した技術がアナログ技術なのだ。

アナログエンジニアは真空管の時代から、現在の大規模デジタル回路までを見ることのできた激動の時代を生きた。

いま、通信技術、デジタル技術が華やかに表舞台に立って様々な製品を生み出しているが、実績あるアナログ技術の信頼性、コスト、可視性はかなり劣る。

ブラックスボックスとして扱えば、その技術以前の源流は既定条件となり、根本的な改革、発想は生まれない。

アナログを含め流れを変える技術、流れを変えることのできる技術はいつまでも先端技術であり得るだろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« SFシネマ+3D | トップページ | センサに必要な性質 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SFシネマ+3D | トップページ | センサに必要な性質 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング