フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« ワープロ原稿 | トップページ | 故障率雑感 »

2010年2月 4日 (木)

DVDピックアップ

Dvd_2  写真はDVDピックアップ。某社03年製のデッキに入っていたもの。構造は基本的にCDピックアップと変わらない。

レンズはきちんとコーティングされており、カッターで傷がつくのでプラスチック製、恐らく非球面レンズ。プリズム(写真の裏側)はガラス製。

フォーカス用コイルとトラッキング用コイルが見える。

ボディはダイキャスト。レンズ部は細いワイアで弾性懸架されており、なぜか適度なダンピングになっている。(ショックを与えても減衰振動はしない)ワイアはコイルへの給電も兼ねている模様。

磁石はフェライト系より強力である。

アナログエンジニアはこのようなユニットを美しいと思う。

今回のDVD/VHS機の分解は、数年前に分解した後の構造の進化を確かめるため。

VHSカセット再生部は機構として完成度を増している。この部分は機構の極み。

国内メーカー品だが、チューナー部は韓国製、組み立ては中国。電子部品は各国の物が使われているようだ。電源部はしっかりと作られている。

われわれは、低廉で高性能な家電品を当たり前のように使っているが、その陰に多くの技術者の努力が隠れている。

しかし、そのメカ、電子回路は一般の方の目に触れることは少ない。メーカーでも全体を掌握している技術者はそう多くはないだろう。

技術の裏舞台を見せない機器の氾濫も理系離れの一因ではないかと私は考えている。

現在身の周りにある機器に比べれば、生徒に見せられる物つくりの原理はあまりにも貧弱にならざるを得ない。

コンピュータ制御の発展により、ますます機器のブラックボックス化が進む。これは避けられないことであるが、同時に身近な器具、機械がどのような動作をしているか外部の者には判らなくなって来ている。そして、人間の感性と自動化された機械の動きとの競合も生じている。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« ワープロ原稿 | トップページ | 故障率雑感 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワープロ原稿 | トップページ | 故障率雑感 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング