フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 市民マラソン | トップページ | 我が家の電気製品この1年 »

2010年2月 1日 (月)

ホイスカ

ホイスカ(猫ひげ、whisker)は電気部品では、亜鉛や錫のメッキ面などから成長する細くて丈夫な金属線である。

条件が揃うとmmオーダーまで成長するが、基本的に単結晶なので強度があり、薄い絶縁物を貫通する例もある。その際の故障モードは短絡モードでおそらく数mAでは溶断しない。

35μmのアルミワイアでは約500mAに短時間耐えるので、ホイスカによる短絡の後に開放となるにはそれ相応の電流が流れる必要がある。

ホイスカの成長はメッキ条件、鉛の含有、メッキ後の熱処理によってほぼ防止できるが、最近では鉛フリー化と基板パターンの微細化、低電流化に伴い、再び発生例が生じている模様だ。

ホイスカは極めて細いので、通常は横方向から強い光を当てないと、肉眼では確認できない。

また、基板を拭うとホイスカの断片が基板上を移動する。移動した断片がパターンを短絡することもあり得る。

アナログエンジニアは過去2回ホイスカを見ている。

見えない短絡要因、ホイスカによる短絡はそのつもりで見ないと確認できないので、故障した電気部品、基板の取り扱いが悪ければ散逸してしまう。

最近の基板はモジュール交換を前提にしているが、回収した部品の故障部位、故障原因まで追究している例は少ないのではないか?

このレベルの故障解析は、信頼性確保のための基本動作であるが量産品でも、いや量産品では特に闇に葬られているのではないか。

実時間、実使用下でのデーターは貴重で技術の源泉でもある。日本が誇る信頼性技術は大丈夫なのだろうか。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 市民マラソン | トップページ | 我が家の電気製品この1年 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 市民マラソン | トップページ | 我が家の電気製品この1年 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング