フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 高耐電圧ダイオード | トップページ | 古い回路の再開発 »

2010年3月12日 (金)

添削

技術文章は明解を第一とする。添削の前に(自己)推敲があってしかるべきである。

多くの新人、学生は十分な推敲を行わず、人に添削させる。主語述語の係り受け、てにをは、誇大表現、重ね言葉などは基本的に自分で修正するものだ。

添削は、不要な部分を削り不足のところを追加する。当然、発表時間や要旨の字数制限を守ることは本人の責任だ。

会社などの発表の添削には注意が必要だ。場合によっては、船頭多くしてまとまらないことがある。添削とは単に意見を勝手に述べる物ではないとアナログエンジニアは考える。

会社の場合、自分の後にさらに添削する人間がいる場合が多い。しかも、その人が十分な添削技術を持っていなくて、放言的修正を掛ける。添削される方はたまったものではない。大学の先生でも、文章技術の未熟な方も散見される。拙い文章にしか触れていない若者が、うまく技術文章を書けるわけがない。

自己推敲の行われていない文章は読みにくい。ワープロの普及で、執筆者/発表者の持ちネタを単にカット&ペーストしている場合も少なくない。このようなケースでは論理的展開が甘くなりがちである。

論理的展開の甘い文章の修正は、係り受けの不備をあぶりだすことに尽きる。それには、副詞句や形容詞句を省いて主文の構成を明確化するのも一方法である。それに加えて、接続詞の使い方に注意する。きれいな論理的文章ほど接続詞は少なくて済む。

ワープロ時代の技術文章、的確な図表を用いての判る説明が案外少ないのだ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 高耐電圧ダイオード | トップページ | 古い回路の再開発 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング