フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 無安定マルチのベース波形 | トップページ | 仕事では泣いたことはないが »

2010年3月19日 (金)

試験監督

アナログエンジニアにも企業内で学生相手の仕事をやっていた時期がある。総仕上げ/評価は試験かレポート。

試験監督の際には、「質問があれば手を上げること」と説明した後に、最後部に座る。

最後部なら、受験生からは監督者の様子は振り向かない限り見えないので、振り向くなどの挙動をしない限り判らない。監督者は、時々位置を変える。靴は殆ど音のしない運動靴。

この方法なら、監督者は全時間、受験生を見渡している必要性は少ない。

それでも、カンニングペーパーを持ち込んだ不届き者がいたことがある。カンニングは摘発するより、させない施策が肝要だ。されてしまうと後始末が大変である。そんなときには、問題のありそうな学生の近くを重点的に監視して、あからさまにメモを取り出せない態勢をとる。

自分の試験問題なら、自筆のメモ(A5程度)の持ち込みを可とし、暗記しても意味のない応用問題を出すのも一つの方法である。もちろんメモは回収する。多くは、1mm強の細かい字でぎっしり教科書の要約が書かれているものが多い。メモを作る過程で一通りの勉強はしてくれる。

レポート提出の評価は案外難しい。オリジナルがあって、それを翻案したと思われるものが複数出現する。オリジナルに比べ、コピーは内容が希薄になる。もっともオリジナルのものであっても、本人が考えたものとは限らないリスクがある。

今も昔も学生対先生の駆け引きは続く。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 無安定マルチのベース波形 | トップページ | 仕事では泣いたことはないが »

随想」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ5513さん
試験と言えば緊張・・・昔はよからぬこともやりました。
最近、緊張のせいなのか、ここ何日間かまったく声が出ない日がありました。
特に生活には困りませんでしたが、人に言われてびっくりしました。
学生の頃は夢中で体も不調をきたすことはなかったのですが・・・

こんばんは入門者にゅーきちさん
歳とともに、いろんなストレスに弱くなってきています。緊張は一番声に出やすいのかも。

この記事へのコメントは終了しました。

« 無安定マルチのベース波形 | トップページ | 仕事では泣いたことはないが »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング