フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« はめ込み合成カタログ | トップページ | 基準電圧の共通化 »

2010年4月27日 (火)

回路の間欠不具合

電子回路の間欠性不具合や再現頻度の少ない不具合の元凶を特定するには、最高の知識・技術と努力が必要だ。

アナログ回路なら、不具合は一過性であることが多く、進行する可能性すらあり得る。回路のバイタルポイントを熟知していないと改良には繋がらない。また、サービスマンの支援も必要だ。

デジタル回路では、もっと困難である。最近では不揮発メモリの進歩によりイベントログを残す仕組みを備えることも多い。

しかし、大規模デジタル回路を含むリアルタイムシステムとなると、簡単ではない。種々の割り込みが入るとともにアナログ系の誤動作もあり得る。ソフトバグも皆無とはいえない。

それでも、回路の間欠不具合の対処の誠実度は、その業界の風土を表すこともある。

いくつかの自動車メーカーでは、不再現トラブルに対しては冷淡である。再現しなければ何もしてくれない。キーレスエントリーシステムでは2車種で経験し、1社は不対応、1社は対応してくれた。

先日のエントリーでの駆動系の制御不具合はまだ未解決。ディーラーは車を預かってもう10日も経過している。再現しないと本部、さらにはメーカー本体が動かないとの話である。

約4万km走行で、1回のトラブルだが、車がまともに動かなくなるというトラブルで、怖い。

イベントログにはそれらしい記録は残っていないそうだ。

再現しにくいトラブルへの自動車業界の対応は押し並べて感度が鈍いのではないか。このような状況では、私はHVやEVカーに乗る自信はない。昔はオールメカだったから、条件が整えば、それなりの対応ができたのだが・・・。

何よりも、メーカーがシステム構造を明らかにしないので、アナログエンジニアとしては自力での原因個所の特定ができないのだ。そして、自動車業界のいくつかはそのような再現しにくい重大トラブルへの対応をまじめにやらない、やれない体質となっているのではないか。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

004気候はともかく庭は春。

« はめ込み合成カタログ | トップページ | 基準電圧の共通化 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はめ込み合成カタログ | トップページ | 基準電圧の共通化 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング