フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 計装盤の色彩 | トップページ | 禁煙初日 »

2010年4月21日 (水)

強制換気式石油暖房機

強制換気式石油暖房機の実物を若い人は見かけたことがあるだろうか。

少なくともここ10年くらい、私は見かけたことがない。今も製作されているのだろうか。

我が家では、かって、強制換気式石油暖房機を使用していた。

外部石油タンクを使えるので給油の手間がいらない。暖房用出力が大きい。室内の空気を汚さない。石油なのにタイマーが使用できるなどの利点がある。

欠点としては、熱風を床近くから吹き出すので、木の床が傷みやすいこと、何よりも故障が多いことが挙げられる。

紫外線炎センサーや過熱センサーなど多数のセンサを備え、熱交換もやっているので複雑な装置だった。安全装置の故障が多く、しょっちゅう、安全サイドで停止して修理した記憶がある。センサの消耗が早く、保守が欠かせない。維持できなくなって、10年前には我が家から消えていた。

現在の我が家は、対流式の石油ストーブを補助にヒートポンプ式エアコンがメインである。この組み合わせで、冬場は3-4室を暖房している。間仕切り断熱、床断熱、2重サッシを使っているので、コンクリート建屋より、広い範囲の暖房ができるのだ。しかし、エアコンだけだと気温の上昇速度が遅いので、石油ストーブは室内気温の急速な立ち上げ用に使っている。

一昨日で、ポリタンの灯油を使いきった。今シーズンの石油ストーブの出番はおしまい。と思いたい。

強制換気式石油暖房機:消えた家電品の一つかも知れない。しかし、今もリコールのTVコマーシャルが流されている。

その一方で、石油ボイラーは築35年でまだ2代目である。この差はどこから来るのだろうか。家電品は意外に長く使用される。安く、安全で、信頼性が高いことが要求される。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 計装盤の色彩 | トップページ | 禁煙初日 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/34318434

この記事へのトラックバック一覧です: 強制換気式石油暖房機:

« 計装盤の色彩 | トップページ | 禁煙初日 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング