フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« センサに必要な性質1 | トップページ | 複合抵抗 »

2010年7月22日 (木)

センサに必要な性質2

センサという概念は人によって立場に依って異なるが、物理・化学量などを電気信号に変換する部分とアナログ回路とデジタル部に分けて考えると少しは見通しが良くなる。

アナログエンジニアは変換部を入力にして、デジタル回路おもにA/D変換回路が受け入れられるレベルまでの信号処理を扱う。

変換部(狭義のセンサ)は少なくとも、入力測定量に対して、その出力は単調増加、または単調減少でないと非常に扱いが難しくなる。多くの変換部では、入力測定量とその電気信号が単調増加または単調減少の範囲で使用する。

変換部に磁場・電流・電圧などで駆動(励起)するものの方が一般的に多様である。測定対象からのエネルギーを直接電気信号に変換するタイプのものは、測定対象からエネルギーを取るので、測定対象の状態への影響が大きいか、または変換部からの信号レベルが小さい。

前日のエントリーでは「再現性」について記したが、今日は、「単調性」も話題にする。

単調でない変換部は、変換部からの信号が複数の物理・化学量に対応するため、殆ど実用化されることはない。変換部の材料、励起回路などを工夫して単調性の信号を得る必要がある。単調性の確認は、生信号を精密なアナログ回路で測定しやすいレベルまで変換して行う。外乱が多いと、変換部の特性を再現性良く、測定量と対応させることが難しい。

センサは今や様々な機器に黒子の様に組み込まれているが、その裏に材料開発、構造設計、製造プロセス、アナログ回路が存在する。しかし、センサの中身・構造・測定原理など、センシング過程が開示されることが少なくなってきている。

センサなしに便利なものは作れない。自然界の情報を得て、自然界に働きかけなければ自動化はないだろう。その中で、センサは自然界との接点となっている。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« センサに必要な性質1 | トップページ | 複合抵抗 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« センサに必要な性質1 | トップページ | 複合抵抗 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング