フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 複合抵抗 | トップページ | 72年毎の伝承 »

2010年7月26日 (月)

エンジニアの集い

週末に某所でベテランエンジニア有志が集まり、暑気払い兼情報交換。

メンバーは所属も職種も異なるが、日頃から勉強・情報収集を怠らない方々ばかり。各人各様であるが、悩みを抱えながら技術者として生きる自分のスタイルを貫いている。

このような方達が日本の製造業を基礎を支えているのではないかとアナログエンジニアは考えている。管理的取り纏め役を志向すれば一般に出世は早いが、それを良しとせず技術を支えている。誰かが、ベースの技術を支え新しいことを試みなければ進歩はしない。

技術の伝承の問題も話題になった。自分で本を買い文献を読む若手がかなり少なくなっているとのこと。私の見てきたいくつかの会社でもそのような現象が多くあった。これでは社内教育やベテラン技術者からのメーセージがどこかに消えてしまう。

彼らのなかには、自分の子供たちに遊びを通じて自然の様々な現象を体験させている方もいる。その子供たちはきっと、その原体験を勉学に、そして社会人となった後に役立てることであろう。

今は、便利な機器に囲まれて生活するのが普通。しかし、その仕組み・原理は意識することは、意識する人は数少ない。まして、その原理や作り方を知ろうとすれば様々な障害を自力で乗り越える必要が生じる。ブラックボックス化の波の中で、世の中では何がおこるのか。

生産拠点の海外移転/現地化が進む中で、設計技術を維持・発展させるには人事システムや社会システムにまで及ぶ変革が今求められているのではないか。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 複合抵抗 | トップページ | 72年毎の伝承 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング