フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 部品の改廃と保管 | トップページ | モデルベース設計 »

2010年7月29日 (木)

電子回路離れ

理系離れ という言葉が使われだして久しい。アナログエンジニアは若者の電子回路離れ、特にアナログ回路離れをを強く危惧している。

デジタル回路は多くの回路設計者にとって、出来上がるものはハードであっても、FPGA(フィールドプログラマブルゲートアレイ)などでは、回路構成をプログラムしてその情報をFPGAに書き込む工程が大半を占める。マイコン搭載のLSIでもハードに立ち入ることなくファームウェアの記述のために、分厚い技術資料を読み、他のLSIとの選択・接続の情報を得る。

デジタル・アナログともに主要素子はトランジスタなどであるが、トランジスタレベルまで遡って設計しなければならない回路部分は、自然界とのインターフェースであるセンサや電源回路・アクチュエータ回路などLSI化しにくい部分である。それだけに高度な技術が必要になる。かなり泥臭く、自然界の現象も知っておく必要がある。企業内上層部にも理解者が少ないのではないか。

電子回路の発達により、子供たちの周りには様々な便利な電子機器があふれているが、それらが行っている技術内容は子供たちから見れば完全にブラックボックス化されていることだろう。

アナログ・デジタル混在のLSIの設計はおそらく様々な階層で分業化して作られている筈であるが、半導体メーカーの設計者においても、なかなかぜ全貌は見渡せないのではないか。

回路屋として生き延びていくには、普段の勉強・自己研鑽がないと時代の流れについていけないが、その努力に見合った待遇も十分とはいえない。

本来は、子供のころに種々の理系的体験が成長して後の工学センスに繋がる筈だが、見えない、見えなくなった物つくりの後継者育成は多大な系統的教育が必要となる。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 部品の改廃と保管 | トップページ | モデルベース設計 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング