フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 地区夏祭りの前後 | トップページ | ガスコンロの過熱防止器 »

2010年8月 4日 (水)

綿あめ製造機

先日のお祭りで使った綿あめ製造機を清掃のため分解掃除した。

直径10cmくらいの回転ヒータが、キザラ砂糖を綿に変える主要部である。回転部に電力を伝えるために、2個のスリップリングと、それと対の炭素ブラシがついている。スリップリングの実用品を見るのは初めて。

上から砂糖を入れると、遠心力で円筒状のヒータに引っかかる。そこで加熱されてステンレスの網から綿が出てくる構造だった。

分解掃除をしてみると、掃除しにくいところまで砂糖が付着している。

綿あめは結構、お祭りで人気がある出し物だった。子供さんを中心に列ができるほど。

綿あめ機は時々、上から水を入れて付着した砂糖くずを除去しないと、うまく繊維がでない。運転中にもこまめに簡易清掃する必要があるのだ。列が長いときには焦りがでて、つい長時間連続して作ってしまうのだが、だんだん繊維がきれいに出なくなり、大きい綿あめは作れない。

温度調整とこまめな清掃、手早い巻き取りがカッコいい形の綿あめを作る上のポイントらしい。

砂糖にまみれてのお祭りだった。

こんな作業でもやっていると、案外夢中になるのだ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 地区夏祭りの前後 | トップページ | ガスコンロの過熱防止器 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地区夏祭りの前後 | トップページ | ガスコンロの過熱防止器 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング