フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« SEEP回路の温度補償 | トップページ | 電子回路と対数 »

2010年10月13日 (水)

アナログ回路教育

大学の電子回路教育はアナログとデジタルを含めて、2単位くらいで講義されているケースが多いと理解している。少なくとも工学部の物理出身のアナログエンジニアはそうだった。

この時間数だと、用語や基本回路の機能を理解するのが精一杯だろう。

電気は目に見えない。数式モデルを使って結果を予測し、実験による計測結果と照合し電気を実在のものとして感じているだけだ。

職人技とややもすればいわれ勝ちなアナログ回路だが、モデルと計測がしっかりしているなら10^-6精度までは当たる世界であろう。

その先はノイズによる不確定さが増す。

電子回路たとえばOPアンプ回路やトランジスタを機械現象(目に見えやすい)に例えて「図解」する必然性は少ないと思う。例えの図、比喩の意味が返って理解の妨げになることも少なくない。

アナログ回路の世界を1時間で紹介することも可能だし、1日のセミナーで入門編をやることも可能だがそれなりのことしかできない。

アナログ回路で比較的易しいOPアンプ回路でも、物つくりの技術として伝えるためには1冊の本になる。

読者であった自分の過去を振り返ってみると、今は著者としての視点からどの本のどこがわかりにくかったか良くわかる。

入門としてどこまで一気に伝えるか、教養としての入門か、それとも作る技術の入門とするかで本の内容は大きく変わる。

三冊の専門書を読めばその道の技術用語を用いて専門家と話ができる。30冊読めば一人前の技術者、数100冊読めば本が書ける。どの分野でもそうなのだろうか。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« SEEP回路の温度補償 | トップページ | 電子回路と対数 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング