フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 電気自動車は本当にエコ? | トップページ | 環境温度と回路 »

2010年11月26日 (金)

負帰還の簡易チェック

オペアンプ回路で仮想短絡が成立するためには、回路が安定な負帰還になっていることが必要だ。負帰還になっていることの簡易チェックには、矢印↓↑を使って信号と出力の極性を確かめる方法がある。

成書でこの方法を記載しているのは、I大学M教授の本が最初であると私は認識している。

その本に出会うまでは、細々と自己流、自衛のため日常の回路チェックに私は使っていた。

やり方の概要は

① 入力に信号が入る。+の極性なら大きい↑を書く。

② オぺアンプの入力端子に少し小さい信号が↑で入る。

③ 入力端子の極性が-であれば、出力電圧は大きく↓となる。

④ その信号の一部(小さい↓)が-入力端子に戻る。

⑤ ④がオペアンプの入力電位差をなくす方向なら負帰還と判断する。なお、入力信号が単に分圧して+入力端子に入っている場合には、+信号の影響は負帰還か否かの判断には影響しない。

この方法によれば、オペアンプの出力極性のチェックとともに、回路が負帰還である=仮想短絡の成立の一前提を一目でチェックできる。

アナログエンジニアはぱっと目では、きちんと負帰還がかかっているかどうかの初期チェックに矢印を今でも使っている。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 電気自動車は本当にエコ? | トップページ | 環境温度と回路 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング