フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 逆T字型人間 | トップページ | ダーリントン接続 »

2010年11月 1日 (月)

アイドリングストップ車

近年、アイドリングストップを行う車が増えてきた。アナログエンジニアの車にはその機能はないが、平均燃費が表示されるので、渋滞などの場合には平均燃費がアイドリング中にどんどん下がる。

市中を走行していると、巡航速度の半分程度の平均速度しかでない。このことは、私の走行環境では、加減速と停止時のガソリン消費が結構大きな割合を占めることを意味する。

そこで出てきたのが、短時間でもアイドリングを停止することで、燃費を改善する動きだ。

アイドリングストップによる燃費改善効果は顕著であることに異論を唱える気はない。しかし、多くのアイドリングストップ車は、同時に車の空調を停止する模様だ。

今年の夏は暑かった。渋滞のなか、車の空調が停止すれば居住性の悪化は免れない。頻繁なエンジンの起動・停止を行えば、電池やスターターなどの負担が増加する。この点は十二分に信頼性試験がなされているのだろうか。

新車から10年で10万km走るとして、車の償却分は15-30¥/kmにつくだろう。ガソリン代は10¥/km前後であり、車の償却費の方が多くの場合高価になる。エンジン制御が複雑になった分整備費も若干増加することであろう。

素朴な疑問として、車の本体価格が高い→資源の消費量が多い→本当にエコか? の疑問が残る。

電池自動車になれば、もっと、この素朴な疑問は高まってくる。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 逆T字型人間 | トップページ | ダーリントン接続 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆T字型人間 | トップページ | ダーリントン接続 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング