フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 整流平滑回路 | トップページ | コンバータの過渡応答 »

2010年12月 1日 (水)

回路のブラックボックス化

電子回路屋といっても、その中身は様々である。まず、扱う周波数・電力・量産規模などに依存して使える手法、使う手法、必要な素養が異なる。

低電圧、小電力ならシステムオンチップのLSIが入手できる。大多数のLSIユーザーにとっては、その中身の回路は知る立場にない。LSIの製作では、トランジスタのプロセス担当、そのパラメーター測定を行う試験屋、ゲートレベル、オペアンプレベルでの要素回路の設計屋、要素回路を用いたモジュールを作る人、システム化する人などの分業で製作しているものと推察される。

アナログエンジニアは種々の要素部品から構成される精密アナログの分野で生きている。LSI化しにくい分野の回路を普段は扱っている。種々の受動部品、半導体素子を使い、かなり極端な仕様の回路を手掛けることが多い。アナログLSIの進歩により、低電圧・中電力までの市場規模の大きい回路では、IC化の波に晒されて、厳しいところを設計することが多くなった。

通信系の高周波回路は市場規模が大きいので、急速にその主要部がLSI化されてきており、同時にブラックボックス化が進行している。

低電圧・中電力のDC-DCコンバータなどは、半導体メーカーの提供する設計式で回路を組めば、結構な性能が出る。ICユーザーにとっては、その中身に立ち入ることは必須ではない。

この様な状況下では、アナログ回路屋としてもどのポジションから自分の技量を磨くかが技術屋人生を左右する。

では、LSI化の波の中で大学教育はどうあるべきか難しい問題である。旧来の教育法では中途半端であることは否めない。社内教育はおそらくもっと不毛の状態にあるだろう。

なにしろ、アナログ回路を網羅的に教えることのできる人材が枯渇しているのだ。

いまや、デジタル回路は一般の「回路」屋にとって、回路設計ではなくLSIのプログラミングとなっている。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 整流平滑回路 | トップページ | コンバータの過渡応答 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング