フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« ライフライン復旧(勝田) | トップページ | 地の利 »

2011年3月25日 (金)

水素自動車

走るときには地球温暖化ガスを出さない究極のエコカーと称される。しかし、アナログエンジニアは疑問符を抱いている。

水素の爆発範囲は極めて広く、その爆発力も大きい扱いの難しい気体である。漏れないプラントはない。普段の保守を良心的に行っていても水素ステーションスタンドの安全性は確保しにくい。

水素ガスを搭載し走っている車が増えれば他車との衝突事故により水素ガスの放出も避けられない。水素吸蔵合金を使えば、多大な資源を使用する。

防爆計測器で水素着火実験の経験から、水素の爆発力の威力は百も承知である。こんな危険な気体を大量に街中に貯蔵するなど、安全性の面では耐えがたいリスクとなろう。

水素源をどこから得るかも問題である。LNG改質?電気分解?

電気自動車の充電スタンドも意外に難しい。30kW・hの電池を1hで10台同時に充電すれば300kWの電力がいる。そのスタンドの受電設備は小さい工場並みのものとなり、専任技術者も必要になるだろう。

車そのものも400Vクラスの電圧で動く。車は水没する事故もあり得るのだ。それでも安全か。小型リチウム電池の内部短絡事故はまだ記憶に新しい。電池寿命は車の寿命に見合ったものか、疑問は尽きない。

電気自動車、水素自動車ともにエネルギー問題、環境問題の抜本的解決にならないのではないか。

光あれば影がある。光の部分のみスポットを当てられるが、影の部分が報道されることは少ない。エンジニアなら影の部分の抜本的な対策を忘れてはならない。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« ライフライン復旧(勝田) | トップページ | 地の利 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

ヒマワリで放射性物質を簡単に除去できる、というデマ情報が流れて苦慮しています。
私のブログに纏めましたので、ご一読願います。 http://ow.ly/4mHXV
#save_fukushima #jishin #genpatsu

確かに、使用するものとしては、光の部分しか見ていないような気がします。大変勉強になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ライフライン復旧(勝田) | トップページ | 地の利 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング