フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 正確な表現 | トップページ | 温度補償形?バイアス回路 »

2011年3月30日 (水)

東日本大震災

今日も余震が続く。そして、余震の余震もやってくる。福島第一原発の危機的状況が津波被害者の救援を複雑な問題を投げかける。

避難生活を送っている多数の方々に比べ被災地とは言え平穏な生活を送っている筈だが、眠りの浅い日が続く。

アナログエンジニアの隣村には大型原発がある。ここは冷温停止しているが、近年の護岸工事で、3機のうちの2機の非常電源が稼働し安全に停止できた。起動できなかった設備は、護岸工事未了の場所で、非常用電源の冷却水用ポンプが津波で故障したとのこと。

護岸工事のかさ上げがなかったら、福島第2と同様の「事象」が起きても不思議ではない。複雑な思いである。

JCOの臨界事故の際には、2日間屋内退避地区に入って少ない情報の中、ひたすら屋内でじっと待っていたことが鮮明に思い出される。

電気と水:大容量の発電機には冷却水がいる。冷却水を循環させるには電気が必要。電気機器は冠水すると機能しない。まして、塩水である。非常用機器は大規模プラントのバイタルポイント。このことは頭ではわかっていても、準当事者となるとその重大さが身にしみる。

電子回路/センサ屋ではどうにもならない世界である。

過酷な環境で戦っている被災地、とりわけ放射線に晒されて作業している方々には頭が下がる。津波被害に遇われ避難生活を送っている方に対し我々は何ができるのか、自問自答を繰り返している。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 正確な表現 | トップページ | 温度補償形?バイアス回路 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正確な表現 | トップページ | 温度補償形?バイアス回路 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング