フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 余震 | トップページ | 回路解析から設計へ »

2011年4月13日 (水)

INESレベル7

国際原子力事象評価尺度の暫定評価がレベル5から7へようやく引き上げられた。

これまで原子力関係者からの反省の弁は「割り切り方が正しくなかった。」との程度のことしか、聞いていない。JCOの臨界事故がレベル4だから、それよりはるかに大きい事故であることは報道をまたなくとも、チェルノブイリに近いレベルだと理系人間なら誰も認識できていよう。

原子炉や燃料プールの冷却もできていない進行中の事故でありながら、東電のさまざまな救済策が報道されている。

しかし、中越地震の後、全電源喪失を防ぐための津波対策を進めていて、工事半ばであったものの、3台中2台の非常電源が確保でき大事に至らなかった原発もある。

津波対策をすかさず打ち出した電力会社や、当面、原発の運転を停止する電力会社も存在する。

「共済」策よりも、アナログエンジニアは「想定の見直し」と対策にまずお金を掛けるべきだと考えている。

この非常時に、そぞろ「政治的判断」と称する後追いの施策が提案されて来ているが、事故の反省対策がまず先だろう。現状では原発を総て停止させることは許されないだろうから、「作るため(推進)のための割り切り」から、1000年に一度であっても想定がいと切り捨てない発想を期待する。

福島第一原発の報道は、基本的に東電発表の後追い追認がほとんどである。そしてあたりさわりのない解説、御用学者ではその程度のことしか言えないのだろう。やっと保安院のスポークスマンが名無しの得体の知れない方から、役職・氏名が報道されるようになった。このことを見ても、異常さを感じる。

工学者といえども霞を食って生きているわけではない。しかし、自分のどこかには、守るべき職業倫理というものはあるべきだろう。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日のエントリ、自然科学ではないが、応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 余震 | トップページ | 回路解析から設計へ »

私の主張」カテゴリの記事

コメント

この文章の簡潔さに敬服いたします。
「想定を切り捨てない 倫理と責任感」
まさに福島原発製造時の問題の核だったのではと思い至りました。

yumtakさん こんにちは
リスク評価とは(リスクの大きさ×頻度)で与えられ、頻度が少なくとも切り捨てることは許されないことと思います。
そして、もうひとつ、リスクが1個人で負担できないもの、(今回の場合は1企業)であれば、細心の注意を払うか、システム的にあらかじめ対策の種を巻いておくか、保険を掛けるかしかないと思います。
電気は水特に塩水に弱いので、電気装置はふつう水のたまる地下には置かないし、置いたとしても電気に依存しない排水対策をするのが常道でしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 余震 | トップページ | 回路解析から設計へ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング