フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 電流増幅率hFE | トップページ | 家猫チャーの作戦 »

2011年4月28日 (木)

ダーリントン接続

ダーリントン接続は電流増幅率が非常におおきいトランジスタを合成する回路手段である。具体的には同極性のトランジスタQ1、Q2を用い、Q1、Q2のコレクタを共通接続し、Q1のエミッタをQ2のベースに接続した形である。

この接続により、Q1のベースが全体のベース、Q2のエミッタが全体のエミッタ、Q1、Q2のコレクタが全体のコレクタとなり、Q1、Q2のhFEの積の電流増幅率をもつ1個のトランジスタが得られる。

Q1は相対的に低い電流値で動作するので、一般には、データーシートのhFEよりかなり低い実効電流増幅率にはなるが、全体として見れば、1000を超えるhFEをもつトランジスタに見える。

ただし、hFEは大きくなるが、見かけ上のVBEは(VBE1+VBE2)となり、ダーリントン接続ではVBEが約2倍となり、飽和電圧はVBE2+(Q1の飽和電圧)となる。単体の飽和電圧:0.1~0.3Vに比べ、1V近い値となる。これがダーリントン接続に伴う負の側面である。特に、SW用途で使う場合には、ダイナミックレンジの減少に注意し、ON時の電力損失が5倍程度になる点を覚悟する必要がある。

この欠点を回避する手段として、エミッタ接地で使うなら、Q1のコレクタを切り離し、別電圧源に接続する方法がある。この接続だと、ON電圧を低く維持できるので、IC中ではよく使われる。しかし、単体トランジスタの場合、早いパルスを扱うときには、相対的に大きな、従って、速度の遅いQ2が、Q1の負荷として動作すると、Q1が全電力を負担する瞬間もあり得る。

共通コレクタなので、接合分離することなく、1個のトランジスタを作る半導体プロセスでダーリントン接続を実現できる。IC化ダーリントントランジスタでは、Q1のB-E間やQ2のB-E間に抵抗を意図的に挿入したものも多くあり、このようなトランジスタでは、hFEの大きな電流依存性があり注意を要する。多くのダーリントン接続では、初段トランジスタを低電流密度で動作させるため、SW速度や高周波特性が単体ほどには良好でない筈だ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 電流増幅率hFE | トップページ | 家猫チャーの作戦 »

電子回路基礎」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング