フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 接合電圧 | トップページ | SPICEの効用と限界 »

2011年5月19日 (木)

LED蛍光灯

震災&原発事故後の節電が喧伝されるなか、LED照明が脚光を浴びている。しかし、LED照明は本当にエコなのか疑問を感じる。

白熱灯の代替なら、口金互換のものがある。直管形LED蛍光灯は必ずしも口金互換ではない。サークライン形は構造上作りにくい。

LED灯は電子回路:内部はAC-DCコンバータを用いての定電流制御回路をふつうとうさいしている。従って、直接AC100Vが入力される白熱灯互換形は回路的に問題ないが、安定器を介して口金でインターフェースをとる直管形蛍光灯はそのままで管だけLEDに置き換えるわけにはふつうできない。

LED蛍光灯は電子回路と一体になっているのが普通だ。下側にLEDを直並列にして並べ、点光源を面上に配列する。温度が上昇する上部に電解コンデンサを含む駆動回路が搭載される。光束は良くて下側180度にしか広がらない。

電子回路と一体ものであるから、LED直管形は器具毎の交換になる筈だ。そして、4万時間を目標に作られているとされる器具は蛍光灯に比べはるかに高価であり、寿命期間後は家電廃棄物となる。

しかも、LED蛍光灯には外国製の粗悪品も多くでまわっている。おおくの粗悪品では放熱構造が稚拙で、有寿命部品である電解コンデンサの選定に問題がある模様だ。

照明エコとは少なくとも同じ明るさで比べて、単位時間の電気代+器具の償却費で考えるべきだと思う。LED蛍光灯はこの観点では、通常型蛍光灯に対してエコでは今のところないだろう。

照明は、種々好みもある。現在のLED灯はそのニーズを現在は満たしていない。

照明エコの名のもとに、意外な無駄を生じてはいないか?

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 接合電圧 | トップページ | SPICEの効用と限界 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

蛍光灯型LEDは現在全然普及していないので、無駄(があるとして)が問題になるほど数が出ていないでしょう。

kazimaさん こんにちは
蛍光灯型LEDは確かに未だ普及はしていません。
しかし、省電力=エコの宣伝を見聞きする機会が多くなるにつれ、製造・使用・廃棄に至る過程すべてを考えに入れる必要性を感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 接合電圧 | トップページ | SPICEの効用と限界 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング