フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 家猫チャーの作戦 | トップページ | インバーテッド・ダーリントン »

2011年5月 3日 (火)

小規模回路解析の薦め

極小規模や小規模アナログ回路は手解析でもシミュレーションでも種々の半導体パラメータの特性への影響を解析できる。

小規模であるからこそ、解析のレベルを単に教科書レベルの結果を追跡するだけではなく、より深く解析できる余地がある。また、条件を変えての解析と実験の比較も可能である。

例えば、1石トランジスタ増幅器において、信号源抵抗と周波数特性の関係は、ミラー効果によりC-B間接合容量に強く影響されるが、この様子を解析的にもシミュレーションでも再現でき、比較できる。

1石トランジスタ増幅器の電圧増幅率は、信号源抵抗が低ければほぼコレクタ抵抗に係る電圧と熱電圧VT(=kT/q k:ボルツマン定数、T:絶対温度 q:素電荷)できまる。種々の条件での計算結果と実測を比較してみればこのことを体感できるだろう。

さらに、信号源抵抗rが上昇すると、(r+VT/IB) IB:ベース電流 に反比例して電圧利得は低下する。高域周波数特性は信号源抵抗とミラー効果を考慮すれば、そこそこの予測と実際の対応を得ることができる。そのほかににも、大振幅動作時の波形歪みなどもきれいに説明できる。

実務におけるアナログ回路は、多くの大学教科書の張る世界と異なる世界での価値観で設計される。その第一歩が小規模回路の徹底解析である。小規模回路の実際を知ることは、より大規模、複雑な回路の挙動の予測に役立つ。

シミュレーションはさらに、モデルと実際との相違にも目を向けなければならない。また、素子パラメータの取得方法を考える際、手解析の良くできた回路があれば、実用上、自分にとって十分なモデルを得ることができるとアナログエンジニアは考えている。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 家猫チャーの作戦 | トップページ | インバーテッド・ダーリントン »

電子回路基礎」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング