フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« リターンパス | トップページ | 10万馬力 »

2011年6月20日 (月)

失敗学のあり方

チームでの仕事の成否は、取りまとめ役(リーダー)の資質・技量に大きく左右される。失敗仕事の再構築には私なりの考え方がある。

決してチームメンバーに失敗の理由を聞くことはしない。そこでは真実が語られることはまずないと考えているからだ。不具合事項なら現在の事実なので、秘匿されることは少ないし、隠しても無駄だ。そこに真実に迫る真の原因が存在する可能性がある。

アナログエンジニアは失敗開発の再構築ややり直しのできない開発を幾度か経験している。

このような場合、当然失敗の当事者のリーダーは代えるし、上長のコメントには拘泥しない方が良い。チームを組むことは、それなりのいくつかの分野の専門家が入る。

専門家はそれぞれの経験・知見を持っている。これを生かさない道はないだろう。ただし、成功率の低い技術者の意見は割り引く必要があるが、現状の問題・課題に関しては口を開くのが常である。

私は失敗学を肯定も否定もしない。こと工学的な問題に関しては、専門家の意見、見方、・知見や把握した事実は失敗の原因を探り、それを教訓として生かすための必要条件と考える。

失敗は属人的、属組織体質的なものが普通だ。物が言える環境がないと、次の改良・開発での課題・問題の把握漏れの確率が増加する。誰もどの組織もふつう自己否定することはない。責めてはならないのだ。

センサ開発でも、今、話題の原子力事故でも同様であると私は思う。

しかし、報道によると事故調査は原子力の専門家を排除した形で行われるらしい。専門家を排除すれば、設計情報やシステムの構築思想が希薄にしか判らない筈だ。

真実は少なくとも事実の上に論理的にそして人間や組織の論理を勘案して、矛盾を解消する作業となるべきだと思う。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« リターンパス | トップページ | 10万馬力 »

私の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リターンパス | トップページ | 10万馬力 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング