フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« ブートストラップ回路 | トップページ | トロイダルコア »

2011年6月30日 (木)

デザインレビュー

デザインレビュー(DR)は日本語で言えば設計審査だろう。DRはレビュワーがどのようにして選ばれるかが非常に重要である。

レビュワーの資質が伴わなければ、DRはいとも簡単に形骸化し意味のない書類が無数に必要になる。しかし、レビュワーを選ぶのは基本的に組織である。最初に結論ありきの人選をしてしまえば、仔細な議論ばかりで大きな過ちを犯しやすい。組織内にいて有益な討議を行える人は極めて少ない筈である。

アナログエンジニアはセンサ・アクチュエータ・回路に絡む種々の工学分野について、相手の専門用語で議論できる程度までの自己訓練を行ってきたつもりである。レビュワーは少なくとも複数の分野において、「複数」が重要なのだが、専門性を持っていなければ用をなさないと考える。装置や機器・システムの高度化に伴い、一人では全体を俯瞰することが難しくなってきているので、分野の違う種々の専門家が得意分野をオーバーラップさせながらの協調作業が必要だからだ。

また、設計的に危ない部分を短時間で直視、検討できる資質も必要だ。だが、そのような人間は組織にとってうるさい存在になりやすい。それでも意図的に設計数値を改ざんされた場合には見抜くのは容易でない。設計審査は設計段階よりも短時間での作業となる。

また、レビュワーは少なくともその組織でその分野で第一人者としての成功率を上げていることも大切である。高い成功率は普段の努力、知識欲と分野を超えて前人の知恵を生かす工学者としての感性あるいは倫理観により実現されるのではないか。

装置や機器の複雑化に伴い、全体を概観できる人材がどの組織でも枯渇しつつあるような気がしてならない。判らないことを単純に「割り切る」ことをしないで、リスク対策を怠らない姿勢も必要と思う。同時に一人では技術全体を詳しく見ることはできないから、種々の分野の基本的スタンスを理解し協調しつつ議論を交わせる場と能力も必要である。

重要なのはDR資料に記された以外の部分、暗黙の設計条件を見破る才覚だろう。

DRを意味のあるものにする風土は、単一分野の専門集団、組織からは生まれえないと私は考える。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« ブートストラップ回路 | トップページ | トロイダルコア »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブートストラップ回路 | トップページ | トロイダルコア »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング