フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 抵抗器の温度係数 | トップページ | サーマルシャットダウン »

2011年7月11日 (月)

セミナー講師

セミナー屋さんの主宰する有料セミナーの講師を引き受けることはしばしばある。

アナログエンジニアは、基本的に一人で1-3日のセミナー講師を務める。一日6hが普通だから、大学の講義を毎日4コマ連続で行うことになる。結構、集中力と体力を消耗する。

有料セミナーでは、超入門者からかなりのベテランまで混在して受講するので、それぞれの層にいくつかは来てよかった、新鮮な知識が得られたと感じていただく必要がある。セミナーの持ち時間の早い時期に聴衆の力量の幅を把握する必要がある。その中で、普通知られていない講義内容を織り込むことも大切だ。

有料セミナーの受講者は会社の管理職の承認を得てやってくるから、案内パンフレットの内容はそれなりのアッピールポイントが必要だが、書きすぎると羊頭狗肉になってしまう。

実は、セミナー講師の依頼を受けると、宣伝パンフレットを作る段階で講義のかなり詳細部分まで検討するので、準備作業の大半はこの段階でかなりの時間を使うのだ。

セミナーは最少催行人数がそれぞれのセミナー屋さんで決まっているので、満たないときには直前にキャンセルになり、投入した準備時間は無駄になる。

私の分野は比較的枯れた分野(電源を含む精密アナログ回路)なので、不景気になると集客力が落ちる傾向にある。

リーマンショック以来、多くのメーカーは教育費に投資をすることが減少している。

売れる内容の話ができることは当然だが、加齢とともに、集中力が低下する時間帯がでてきているので、あと長くはこの手の仕事を続けることはできないだろう。

お金を貰ってセミナー講師を務めるということは、一期一会の真剣勝負なのだ。そして、毎回新しい内容で講義することになるのだ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 抵抗器の温度係数 | トップページ | サーマルシャットダウン »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング