フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« ESRと誘電体吸収 | トップページ | ケーブル容量 »

2011年7月25日 (月)

理系のお仕事

優秀なぎ技術者・研究者の減少が叫ばれてから久しい。理系を志す若者も減少している。

しかし、継続的な自己研鑽を必要とする理系職業は果たしてその努力は報われているのだろうか。

私は必ずしもそうは感じていない。世の中は文系人間あるいは技術を放棄した人間が組織を形成している側面もある。

理系の仕事を職業とするからには、自分の専門分野に否定的な視点の言及をすることは自殺的行為となりえる。技術者倫理が喧伝されて久しいが、管理職倫理に類する視点は聞いたことがない。技術者倫理以前の問題として組織倫理があってしかるべきだ。

研究者なら論文:それも数が物を言う。設計者なら特許であろうが、その質はあまり問われない。職務発明に対する報償も不十分だろう。理系的に生きるにはそれなりの覚悟がいる。

世の中は文系的人間の世界、とくに今の日本はそうだろう。

理系のお仕事で、技術の伝承に力を入れても個人的なメリットは殆どない。後続を育てることに対価が殆どないのだ。アナログエンジニアはその意味でおめでたい人間かも知れない。

理科離れを嘆く以前に、理系人間の待遇と地位を振り返って見るべきだ。理系人間が理系であることを捨てなければ、いつまでも使い捨ての駒、便利屋として扱われる。

そこに根本的な理系離れの原因があるように思う。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« ESRと誘電体吸収 | トップページ | ケーブル容量 »

私の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ESRと誘電体吸収 | トップページ | ケーブル容量 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング