フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 工業用差圧計 | トップページ | 素子感度 »

2011年7月20日 (水)

技術指導という仕事

電源を含む精密アナログ回路が専門のアナログエンジニアは、仕事を受ける際にかなりの事前検討を行う。

この手の仕事は相手の力量・設備、事前に与えられる情報から、どのような仕事になるかを考える。相手の状態を把握し、少なくとも主な分枝は考慮にいれる。

問題なのは、技術指導に際しての事前検討の結果を相手にどこまで伝えるか、これにより仕事として成立するかどうかが決まる。伝えすぎるると、逆に当方からの情報、ノウハウを無償で提供することになってしまう。

技術指導の相手は、本当に当面の課題に困っている場合が多いが、技術力なさゆえに技術の価値も判らないこともしばしばある。

飛び込みの依頼の打診の場合はとても工夫を要する。一方的な「工程」を要求される場合、私が想定する仕事の流れを直接表現すると、多くの当方からの情報提供となりそれで相手が満足してコンタクトが途切れるケースすらある。

自分の力量を知っていただくことは必要だが、情報・技術をただ取りされる危険性もはらんでいるのだ。

いずれにしても、聞くばかりでギャラの話のでない仕事は空振りになりやすい。自分を出し、アピールして仕事に繋げることは、日本では結構困難な仕事である。

仕事量の半分くらいが契約前の検討になる。

技術セミナーにしても同様だ、宣伝用パンフレットの骨格は講演者が作る。羊頭狗肉にならない範囲でできるだけ多くの人に聞いてもらえるように、メリハリをつけて時間配分を考える。この種の仕事も、作業量の半分は講演前に投入するが、最少催行人員に満たないときにはそれで終わり。

依頼が成立する以前の作業は個人としての営業費用的であるがその分を回収することは意外に難しいのだ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 工業用差圧計 | トップページ | 素子感度 »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング