フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 暑かった | トップページ | 技術指導という仕事 »

2011年7月19日 (火)

工業用差圧計

工業用差圧計は四大工業量の温度を除く 圧力、流量、液面が測定でき、計測地点から制御室へ4-20mAの電流信号に変換し信号を伝送できる。

信号は差圧に制御される電流信号として送出されるので、「伝送器」とも呼ばれる。

1970-1980年ころ、各社とも活発な開発が行われた。

若かったアナログエンジニアは、差圧伝送器などの工業計測の電子回路を担当した。

差圧伝送器は、数10Paから数万Paの差圧を悪環境で、高い同相圧力(静圧:~400気圧)の下でも安定に計測できる。このため、耐蝕材料のダイアフラムで接液流体と隔離し、センサ側へ油圧の形で測定圧を伝える。この部分は高度に対称形に製作されており、圧力差のみをセンサに伝えることができる。

また、フルスケール圧力は数倍から10倍程度以上調整でき、部分目盛も可能なように作られている。防水はもちろん防爆、耐誘導雷仕様のものもある。

現在は、温度センサ、圧力センサ、静圧センサをMEMS手法で一体製作し、マイコンで補正演算を行って、温度影響、静圧影響などを補正するスマートセンサ方式のものが多いが、伝統的な静電容量式のものも健在である。

各メーカーとも独自色が強く、種々の材料開発も含めその時代の先端技術でもあったので、設計は難しく競争も激しかった。

なにがともあれ、差圧伝送器は工業計器メーカーにとってフラグシップ的な部分側面があり、各社の特徴がでている製品であった。

差圧伝送器は工業計器の王様のような存在であり、信頼性も強く要求された。一つのプラントで1000台使う場合もあるので、高信頼性の水準の維持と性能が求められる機器である。

『人気Blogランキンング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 暑かった | トップページ | 技術指導という仕事 »

センサ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

現在のランキング