フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« センサエレクトロニクス | トップページ | パソコンの故障 »

2011年8月 4日 (木)

デジタル家電

最近のマイコン搭載家電品は高機能を謳っているが、その高機能を引き出すための操作方法を覚えきれない。長押し、トグル、複数回押し、同時押しなど一つのSWを複数の機能に割り当てていて、かつ、操作に機種依存性が大きい。

操作方法が覚えきれないのは、ロートルの私だけではあるまい。

家電品の中には、使う頻度そのものが少ないものや、使う頻度の少ない機能が多いから覚えても次に使うときには忘れてしまうのだ。機能が存在することすら覚えていないこともある。

程度の悪いものでは、操作してから1秒くらいおいてから反応するものすらある。

その割に、基本機能の向上、基本性能の向上は少ない。

アナログ式なら、原理を理解していれば操作法を忘れることもなく、機種依存性が少ない。応用が利くのである。

デジタル式家電の使い勝手の悪さは、限られたデジタルI/Oポートを利用して、それ以上の数の機能を実現しようという設計思想が透けて見えるのだ。

そしてマイコンに大きな負担を掛け、レスポンスの悪い装置を装置となっている例も少なからずある。

完全に自動化しているならいざ知らず、中途半端な機能が満載されているのが、昨今のデジタル家電の大半ではないか。しかも、単純な機器より信頼性は落ちる感じである。

SW表示の意味すら不明のネーミングのボタンもある。

日本のデジタル家電はそんな方向に走っているような気がしてならない。使うために覚えなければならないことが多すぎるもの、必然性のない人間工学にかなっていないデジタル家電は使う人にフレンドリーでないと感じるアナログエンジニアである。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« センサエレクトロニクス | トップページ | パソコンの故障 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88621/41071741

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル家電:

« センサエレクトロニクス | トップページ | パソコンの故障 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング