フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 高同相電圧加減算器 | トップページ | 近視に凸レンズ »

2011年9月18日 (日)

教え上手

アーチェリーの射は照準を定める押手と目と顎の位置(アンカー)引手の位置関係と両腕の力のバランスで各人のフォームが決まってくる。

基本は肩と腕の関節に力が垂直にかかるようにするのである。弓を引くのに楽なフォームは各人の体型と腕や背中の筋力で変わる。

もう一つの要因は、発射の瞬間(リリース)のブレである。中級者では、各自それなりの欠点を持ち、その修正に一生懸命練習するのである。

茨城のアーチェリー仲間にNさんとういう教え上手な方がいる。道具についても詳しく奥さんもアーチェリーをなさる。

各自の骨格、筋力や普段の練習時の射形を良く覚えていて、ときどき、ワンポイントアドバイスをくれる。それが、とても的確なのである。その指摘の多くは、すぐに実行でき結果が伴うものが多い。時には、本人の射形と理想形を実演してくれる。

この前は、私が著しく不調だったときくれたアドバイスは、複合弓(コンパウンドボウ)特性上の問題で、オーバードロウ(引きすぎ)により両腕に力が入り過ぎの一言だった。この一言で、散々暴れていた着弾が嘘のようにまとまり始めた。複合弓では、引き始めから急激に張力が増し、射の姿勢に入ると、ピーク張力の30%くらいに低下する。これより、ほんの少しだけ力を加えるのが理想である。設定した引き尺以上にはほとんど引けないので、そこから先は、押手と引手の引っ張りあいになるだけである。

気負い込めば力が入る。そうすると、リリース時の手の動きが不安定になる。アドバイスを貰った時気がついた。以前から自分は時々極端に乱れることがあった。自分の今後の練習課題である。

洋弓は当てるために、自分のフォーム=形を作りだす。弓道=和弓は形から入って、形に終わる。そんな気がしてならない。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« 高同相電圧加減算器 | トップページ | 近視に凸レンズ »

アーチェリー」カテゴリの記事

コメント

なるほど!銃とも似ている。テレビで狙撃手が引き金を豪快に引いているシーンがあるが、あんなことすると銃身がぶれて当たらない。撃鉄が動くギリギリまで引き金を引いていて、最後は指が動くか動かないかのレベルで引き金を引く。すると銃身が安定していて的に正確にあたる。やはり的を射るスポーツは力を抜くことが必要なようだ。
ところで、この際、解剖学等で人間の筋肉や関節を研究し、もっともよいアーチェリーの射方を研究したらよいかもしれない。まったくの素人判断だが、鎖骨関節あたりが重要そうだ。

かなり昔、警視長官?銃撃事件があった。実射の経験がなくとも体を壁に沿わせて固定し、それなりのフォームで撃てば30mの距離で人に命中させることはできる。その時のメディアは種々憶測して解説してたようだが・・・。アーチェリーの中級者なら、30mで半径20cm以内に95%くらいは着弾する。一番の誤差要因は弦を離すリリースの瞬間のブレであろう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高同相電圧加減算器 | トップページ | 近視に凸レンズ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

現在のランキング