フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« コンデンサの蓄積容量 | トップページ | 職務発明 »

2011年10月26日 (水)

電磁石整流子モータ

017 不要になった年代物のハンドミキサーを、いつものように分解した。と言うよりプラスチックカバーを外しただけ。

分解するまでもなく、内部構造と結線の概略がすべて見えた。

結構、丁寧な作りである。

界磁コイルからは4本の線が出ている。多分、直巻きと分巻きを組み合わせトルク特性を制御している筈だ。

モータの出力は70Wだが、速度切り替えのレバーSWが左上に見えていて、界磁コイルとモータの方へ結線されている。モータ軸の左側にはウォームギアが2個あり、30年あまり経過した今でもグリスは劣化していない。きちんとモータ冷却用のファンも付いている。整流子が12極あるから、速度切り替えに極数を変えているかもしれない。

構造的には実にシンプルで工学美を感じる。

アナログエンジニアは、小型のOA機器や家電品は大抵分解してから処分する。燃えるごみと金属類の分別も兼ねると同時に、異分野の設計を肌で感じて感性を磨く目的もある。

これまでも、これからも同じことを行うだろう。

以前、VTRのヘリカルスキャンヘッドを2回分解したことがある。2回目は1回目のものより磁気ヘッドの調整機構が簡略化されいた。

デジタル家電は分解してもほとんど判るところはないが、アクチュエータやセンサの部分は見て判る部分もあるのだ。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も貴重な応援の1票をよろしくお願いします。【押す】

« コンデンサの蓄積容量 | トップページ | 職務発明 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

あるとき煙感知器を分解しようという人がいたので、それは待ったをかけたことがある。それは放射性物質を使っているから。ちゃんと放射能マークもついていた。なお、どの程度の放射性物質が入っているかは非国民は知らない。しかし、あのマークのついている装置を分解するのはこわいことだと思う。
放射性物質を使った煙感知器は古くなると感度があがるという性質がある。これはよいことだ。古くなって感度が下がると、火災のときに作動しなくなり、命にかかわるからだ。誤動作したら新品にかえれば済むので安全によく配慮されていると思った。

放射性物質を使ったセンサは結構あります。γ線、ベータ線、中性子など種々特殊用途に、工業用や理化学機器などで使われたいます。
放射性物質だから、半減期が短いと経年的に感度低下に繋がります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンデンサの蓄積容量 | トップページ | 職務発明 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング