フォト
無料ブログはココログ

このブログについて

  • 著作権の扱い方
    著作権はコメントを含めて投稿者に帰属します。投稿者本人が著作権をもち、責任も持つという意味です。 リンクはご自由にして構いません。 原則公開です。 批判も含めてコメントは公開いたしますが、営利目的などの記事は、管理者権限で削除することがあります。コメントは管理者の承認後、反映されます。 ただし、TBは現在許可していません。

著作

  • 共著:「次世代センサハンドブック」培風館(2008)、「マイクロセンサ工学」技術評論社(2009.8)
  • 連絡先
    私への講演、セミナー、技術指導などのご依頼はこちらまで↓ okayamaproあっとまーくyahoo.co.jp  あっとまーくは半角の@にしてください
  • 単独著
    アナログ電子回路設計入門 (1994.12)、コロナ社: 実践アナログ回路設計・解析入門 (2005.1)、日刊工業: オペアンプ基礎回路再入門 (2005.7)、日刊工業: ダイオード・トランジスタ回路入門 (2005.12)、日刊工業: スイッチングコンバータ回路入門 (2006.9)、日刊工業: これならわかるアナログ電子回路基礎技術 (2007.6)

専門とする事項

  • 電源を含む精密アナログ電子回路の設計・開発、およびその教育、技術指導。センサ・アクチュエータシステムの構築。電子機器の不良解析指導および再発防止指導。解析主導型設計の推進と回路シミュレータの実践的活用指導。技術的側面からのプロジェクト管理指導。

Twitter

新刊

  • 岡山 努: アナログ電子回路の基礎と入門!これ1冊

« 断続モードフライバックコンバータ | トップページ | 怒涛の2週間 »

2011年12月13日 (火)

工場見学

Img_1267 縁あって神戸工業試験場の一部を見学させていただいた。

写真は「試験片供養塔」。 私もその名を知る 東京大学 名誉教授 千々岩健児 謹書 と供養塔に書かれていた。

その脇に創業社長の小さな銘がある。

感激した。

感激した。

感激した。

まさしく日本の工業技術の神髄がここには存在する。アナログエンジニアは感激した。

その銘を許可を得てここに転載する。

―――銘―――

明治以来日本の工業発展の為、試験片は何千何億と数限りなく作られてきた。どんなに精魂をこめ立派に作られても、試験が済めば一個の鉄屑として捨てられる儚い運命である。これを供養する事は私の感謝と報恩の気持ちであり永年の悲願であった。依って此の地に試験片供養塔を建立し併せてこれに携わる人々の幸福を祈念する。

昭和六十年十月吉日

   鶴井 達男 建立

この工場にはすごい機械、私の知るこの分野の分析機器等々が揃っている。大企業ではないが、おそらくこの分野では日本No1だと思った。

労働安全コンサルタントでもある私から見て、過去に数多く見学した工場の中で、5Sの良さ、そして、従業員の挨拶/会釈の良さは3指に入るであろう。

見学のアレンジをして頂いた同所、S氏に御礼申し上げる。

『人気Blogランキング』の「自然科学」部門に参加しています。今日も応援の貴重な1票をよろしくお願いします。【押す】

« 断続モードフライバックコンバータ | トップページ | 怒涛の2週間 »

「工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 断続モードフライバックコンバータ | トップページ | 怒涛の2週間 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在のランキング